大阪市西区 坪井眼科 白内障手術 レーシック 網膜・硝子体手術
日帰り手術

医療法人聖明会 坪井眼科

english中国한국어
TEL.06-6538-4644
〒550-0014 大阪市西区北堀江1-3-2 Being四ツ橋ビル3F

飛蚊症レーザーVitreolysis

飛蚊症レーザー(ビトレオライシス)

硝子体腔に生じた混濁が網膜に投影され、それが飛蚊症として自覚されます。
視力には影響しませんが、視界の妨げになることがあります。
飛蚊症の治療は可能です。
ビトレオライシスは硝子体腔に生じた混濁をYAGレーザーで切断し、細かく砕いて散らす治療です。
溶かして無くすわけではないので、完全に無くなることはありません。

飛蚊症の治療としては、他に硝子体手術があります。
しかし、硝子体手術をすると多くの場合、水晶体混濁(白内障)をきたします。
まだ白内障になっていない方で、飛蚊症を治療したい場合にはビトレオライシスが適しています。

ビトレオライシスの副作用としては、稀ではありますが網膜を傷つけて、網膜出血や、網膜裂孔、脈絡膜閉塞を起こすことがあります。
また、水晶体を傷つけて水晶体混濁(白内障)をきたすこともあります。

ビトレオライシスは複数回することができますが、飛蚊症は完全になくならないので、当院では片眼3回までとしています。

当院はレーザービトレオライシス研究会の会員です。

レーザービトレオライシス研究会
坪井眼科受付時間アクセス0665384644