大阪市西区 坪井眼科 白内障手術 レーシック  網膜・硝子体手術
厚生労働省認定 先進医療施設
550-0014 大阪市西区北堀江1-3-2
Being四ツ橋ビル3F
Tel.06-6538-4644
HOME > 手術一覧 > その他の手術

その他の手術

翼状片【角膜(黒眼)に結膜(白眼)が伸びて侵入してくる病気】や、結膜弛緩症【弛緩した結膜がしわを作っている状態】など、その他の手術も日帰りで行っております。

ICL(フェイキックIOL)

ICLは、日本で初めて厚生労働省の承認を得たフェイキックIOLです。

フェイキックIOL(有水晶体眼内レンズ)とは眼の中に挿入して視力を矯正するレンズです。「有水晶体」というとおり、水晶体を残したまま患者様に合せて作ったレンズを入れるため、調節力を失うことなく視力矯正を行います。

ICL

ICLによる視力矯正は、以下の方が適応になります。

  • 近視が強い方
  • レーシックが受けられない方
    (近視が特に強い方、角膜が薄い方)
  • ドライアイの方

AddOn(アドオン)眼内レンズ

イメージ

AddOn眼内レンズは、すでに白内障手術が済んでおり、眼内レンズの入った眼に対してもう一枚重ねて入れるレンズです。近視・遠視・乱視を矯正できます。また、単焦点眼内レンズが入っている眼に遠近両用のAddOn眼内レンズを入れることで、遠近両方をある程度メガネなしで見ることができます。
白内障手術後、ピントの合う距離に納得のいかない方や乱視をさらに矯正したい方、単焦点眼内レンズを入れたがやはり多焦点眼内レンズにしたい方が対象となります。

しかし、度数や乱視の追加矯正に対してはタッチアップレーシックの方が正確で安全なので、当院ではタッチアップレーシックを推奨しています。

角膜厚が薄い方や既にLASIKやRK等の角膜手術を受けた方などでタッチアップレーシックができない方、多焦点眼内レンズに変更したい方に対してAddOn眼内レンズを選択しています。

Add-on refractive
Add-on refractive
近視・遠視の矯正
Add-on toric
Add-on toric
乱視のある近視・遠視の矯正
Add-on progressive
Add-on progressive
近視・遠視の矯正に加え、
近方視力を改善

ドイツの1stQ社製 レンズが届くまでにrefractive:4週間 toric、progressive:10週間を要します

‣費用について
PAGE TOP
メニュー

MENU

日帰り手術

Recent Information

レーシックキャンペーン実施中夏のトリプルキャンペーン